スタバのバイトはきつい?評判や元店員の声!高校生可や時給についても

憧れのアルバイトとして挙げられることも多いスタバのアルバイト。

応募倍率が高く、働くには狭き門です。

きつい!!との評判もあるようですが、実際のところどうなのか元スタバ店員である私が詳しく解説していきます!

これからスタバのアルバイトをしようか悩まれている方、ぜひ参考にしてくださいね。

スタバのアルバイトは大変?

スターバックスのアルバイトは確かに大変です。

体力面でも勉強面でも努力が必要です。

最初に2ヶ月ほど行われるモジュール(研修)では、スターバックスの考え方(企業理念)やドリンクの作り方まで、きっちりと仕込まれます。

スタバで覚えなければならないのはメニューだけではありません。

カスタマイズや原材料、動き方まで全てを覚える必要があります。

またスターバックスコーヒーという名前の通り、常に販売している17種類の産地や味の違い、焙煎方法などもまたバリスタとして必要な知識です。

モジュールが終了する時までに、ノート一冊分ほどの知識を暗記する必要があります。

通常のバイトでは考えられない量の知識が求められますので、暗記が苦手な人や軽い気持ちで働きたい人には向いていないアルバイトかもしれません。

時給はどれくらい?

スターバックスは能力で時給が変わります。

最初の研修期間は最低賃金の950円程度で、モジュールが終わると50円時給が上がります。

その後は、働く能力とともに時給が上がっていきます。

時給が上がるのには時間も労力もかかりますので、すぐにお金を稼ぎたい方には向かないかもしれません。

またスターバックスで働く上で必要な知識を勉強するための時間は、時給に含まれません。

研修中は最低でも5時間程度の勉強時間が必要です。

スタバのバイトは高校生でも働けるの?

高校生でも、進路が決まっている高校3年生はアルバイトをすることができます。

スターバックスでアルバイトを始めると2~3ヶ月は研修がありますので、4月からバリバリ働きたい方は高校生のうちに応募しておいた方が良いでしょう。

スターバックス側としても長く働いてくれる方を雇いたいと考えているので、早めに応募をした方が受かりやすいです。

大抵の大学生は4月からアルバイト始めますので、他の人よりも早くバリスタとしてスタートすることができますよ。

スタバのバイト面接のコツ!

スタバのバイトは、なかなか受からない。

何度も落ちている方もいらっしゃると思います。

スタバの面接に行く際は、きれい目な服装や髪型を意識しましょう。

接客業なので、面接ではそのようなところも見られています。

また、会話のやり取りでは常に笑顔でいることも重要です。

スタバでは、コネクトと呼ばれるお客様との会話を重要視しているため、コミュニケーションが上手く取れているかもチェックされています。

誠実に、スタバで働きたいという気持ちを伝えて合格を勝ち取りましょう!

スタバのバイトはやりがいがある!

私は、約4年スターバックスで働いていました。

確かに最初の研修期間は覚えることが多く「やめてやる!」と言いながら帰ることもありましたが、その後は楽しく働くことができました。

バリスタとしてのレベルが上がれば、できることも増えていきます。

アルバイトでもコーヒーのセミナーで講師をすることもできますし、モジュールを担当し後輩を育成することもできます。

=スタバのアルバイトは確かに大変ですが、やりがいはたくさんあります!

ぜひ、面接にチャレンジしてみてくださいね。